So-net無料ブログ作成
検索選択

オススメ

ナウシカの「メーヴェ」実機が北海道・滝川の空をテスト飛行 ※動画あり

27日から北海道滝川市で開かれる「サマースカイフェスタ2014」のイベントで、アニメ映画「風の谷のナウシカ」に登場する飛行装置「メーヴェ」をモデルとして製作された「M-02J」が展示されるています。

イベントに先駆けて24日早朝、滝川市中島町にある「たきかわスカイパーク」の滑走路で「M-02J」のテスト飛行が繰り返されました。

naushika.jpg

 

宮崎駿監督のアニメ映画「風の谷のナウシカ」に登場する飛行装置「メーヴェ」をモデルとして製作されたのが「M-02J」というパーソナルジェットグライダーです。

「M-02J」は全長2.7m、幅9.6m、重さ89kgの大きさで、木製構造体とFRP複合材(コンポジット材)のハイブリッド構造になっております。

このM-02Jは11年前にメディアアーティストの八谷和彦が個人的に開発を開始し、その後「オープンスカイプロジェクト」に発展して現在の形の作品となりました。

このプロジェクトは、人(体重50キロ程度の女の子)がひとり乗れる仕様で「パーソナルジェットグライダー」を作ることという最終目標に基づき開発が進んでいます。

まさに「風の谷のナウシカ」のメーヴェを再現することを意識して目指している事が良くわかります。

当初このプロジェクトは5年ほどで完成する予定でしたが、フェーズ1で飛行を検証していた機体を安全性を考慮してフェーズ2で再設計した事で翼の形状やボディの形状の工作の難しさもあり、当初想定していた工数よりも大幅に日数が必要となり10年以上かかる大がかりな計画となり、費用も1億円前後になりました。


■メーベ テストフライト オープンスカイ 2013 10 14 野田エリアにて





今後「M-02J」の量産化の計画はなく、このプロジェクトは「このような機体が製作・実現可能である」ことを立証するためのもので、それ以上の量産や販売を目的にしていないそうです。


みんなが「風の谷のナウシカ」のメーヴェを見てこんな風に空を飛んでみたいと一度は思った夢が直ぐそこで実現されつつあり、みんながナウシカのように空を飛ぶことを手に入れることが出来るかもしれないのに、チョッともったいない気がしますね。

でも、生身の身体をさらして疾走するバイクが空を飛ぶような感覚の飛行具であるメーヴェですから、実際に手に入れてもかなりのリスクを覚悟しなければいけないので当然かもしれませんネ。


【関連記事】
ナウシカの飛行機、10年越しの願い乗せ 北海道で展示[朝日新聞デジタル]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © 話題のNews All Rights Reserved.

Designed by af5
クレカ 親権者 保証人

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。