So-net無料ブログ作成

オススメ

山田美樹 運動員の人身事故後も街頭演説続行!?

先日の衆議院選挙で民主党党首の海江田万里氏を東京1区で破り、当選した山田美樹氏の運動員が選挙期間中に人身事故を起こしていたことが判明しました。

 photo_2.jpg

事故は今月12月12日13時半頃で、東京都千代田区神田神保町2の神保町交差点のそばで起きました。

運動員は山田美樹氏の遊説支援で山田氏と合流する為に神保町に向かい、到着直後に事故が発生したそうです。

たんなる運動員のプライベートな事故でなく、明らかに選挙活動中の事故であった事がわかりますね。

被害者は都内の印刷関連会社に勤務する60代の男性で、事故の際に転倒し一時意識不明となり、搬送先で外傷性くも膜した出血と診断されて2週間以上入院し、退院後も半年間の通院が必要であり運転もできない状況だそうです。

山田氏は救急車到着後に現場から約30メートルの場所で街頭演説を始め、事故処理中も街頭演説を続けたそうです。

30メートルと言えば、殆ど目と鼻の先の距離であり街頭演説中の山田氏の目にも事故処理の状況は映っていた事でしょう。

山田氏は街頭演説終了後に選挙カー移動し、山田氏本人に事故の報告をしたのは同日の夕方だったそうです。

今回の事故は山田美樹氏本人が起こした事故ではなく、事故後の山田氏の側近の余りにもお粗末で山田氏に同情すべき点も少なからずあるようにも思えます。

ただし、山田氏本人が被害者の入院先の病院を訪れたのは、当選後に毎日新聞が取材を申し込んだ翌日の20日だったようです。

山田氏の吉沢秘書が親族を訪ねたのは事故翌日であり、名刺を渡すことや身分を明かすことを「(投開票翌日の)月曜日まで待ってほしいと」と言い拒んだことが親族から伝わっています。


先にも触れたように山田美樹氏にとって同情すべき不幸な事故ではあるが、国民の代表であり、国民の模範たる国会議員であれば、事故を知った直後に事実を明らかとし、選挙期間中であっても真っ先に被害者の元に生き、自分の運動員の起こした事故について謝罪するべきであったのではないでしょうか。

元々、山田氏本人が起こした事故ではないのだから事故直後に正しい対応をとっていれば、今回のようなかたちでニュースなることもなく、運動員の事故が明るみに出ても正々堂々と当選していたかもしれませんね。

今後は山田美樹氏の出処進退が問われ、最悪のケースでは議員辞職もありえるかもしれません。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © 話題のNews All Rights Reserved.

Designed by af5
クレカ 親権者 保証人

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。