So-net無料ブログ作成

オススメ

内田恭子さんの旦那・木本氏は吉本興業のエリート社員

元フジテレビのアナウンサーだった内田恭子が同局系の「バナナマンの決断は金曜日」で局アナ時代に週刊誌で「合コンざんまい」と書かれたことに反論していますが、そんな内田恭子さんの旦那さんが実は吉本興業のエリート社員だったそうです。

今日は内田恭子さんの旦那さんである木本公敏さんにつて調べてみたいと思います。

 kyouko01.jpg

 

◆内田恭子さんと木本公敏の結婚について


内田恭子さんと木本公敏のお二人が結婚したのは2006年の7月で、結婚当時は”格差婚”と話題になりました。

当時の木本氏の年収は600万円程度だったのに対して内田恭子さんは2006年の3月にフジテレビを退社し、フリーのアナウンサーとして活躍しており、木本氏の3倍位は稼いでいたとテレビ局関係者は証言していました。

 

news01.jpg

内田恭子さんと旦那の木本公敏の出会いのきっかけは、当時内田さんがMCを務めていた「ジャンクsport」だったそうです。

当時、旦那の木本さんは同番組の相方MCだったダウンタウンの浜田さんのマネージャーをしていていましたが、1年位は特に進展もなく内田さんも木本さんの存在に気付いていなかったそうです。

その後、内田さんと同期の飲み会の席に木本さんが現れ、二人はたまたま隣同士の席になり意気投合して急接近したようです。

その後、二人は交際を重ね木本公敏さんの誕生日にプロポーズをして、見事内田恭子さんのOKをもらい二人はめでたく婚約されました。



◆旦那の木本公敏はどんな人?


木本公敏さんは、身長180cm、体重75㎏の恵まれた体格で、出身大学の関西学院大学ではアメフト部に所属していたそうです。

お二人が結婚した当時の木本公敏さんはダウンタウンの浜田さんのマネジャーでしたが、2012年6月20日の吉本興業の株主総会と取締役会で役員人事の発表があり、木本公敏は38歳の若さで吉本興業の中核企業「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」の執行役員に選出されました。

hamakimi.jpg

木本公敏さんは現在も別会社「よしもとクリエイティブ・プロダクツ」の取締役を務めており、吉本興業の同年代の中でも出世街道の先頭を走って、年収も吉本興業の関連会社の取締役であれば2000万円以上あるのではないでしょうか。


結婚当時は”格差婚”などと揶揄されていましたが、今では吉本興業の中核企業の取締役を務める木本公敏さんを支え、二人の男の子にも恵まれた内田恭子さんは男を見る目があった勝ち組ママだったんですね。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © 話題のNews All Rights Reserved.

Designed by af5
クレカ 親権者 保証人

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。